manapedia
更新日時:
古文単語「へんさい/へんざい/辺際」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
1,957 views
へんさい/へんざい/辺際

このテキストでは、古文単語「へんさい/へんざい/辺際」の意味、解説とその使用例を記している。

名詞

意味

果て、限り、ものごとの限界

[出典]安元の大火 方丈記
「そのたび、公卿(くぎやう)の家十六焼けたり。まして、そのほか数へ知るに及ばず。すべて都のうち、三分が一に及べりとぞ。男女死ぬるもの数十人。馬牛のたぐひ辺際を知らず。 」

[訳]:そのとき、公暁の家が十六棟焼けた。まして、その他(の身分の低い人の家)については数え知ることはできない。(被害にあったのは)都全体のうち、三分の一に達したとか。男女の死者は数十人。馬や牛などのたぐいにいたっては(どれほど被害にあったのか)、その限りはわからない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。