manapedia
更新日時:
土佐日記『亡児1』(二十七日。大津より浦戸をさして〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
33,044 views
土佐日記『亡児』の品詞分解

このテキストでは、土佐日記の中の「二十七日。大津より浦戸をさして〜」から始まる箇所の品詞分解を記しています。この章と「十一日、暁に舟を出だして、室津を追ふ〜」から始まる箇所をあわせて『亡児』とする書籍もあるようです。



※現代語訳:土佐日記『亡児1』(二十七日。大津より浦戸をさして〜)わかりやすい現代語訳と解説

土佐日記は平安時代に成立した日記文学です。日本の歴史上おそらく最初の日記文学とされています。作者である紀貫之が、赴任先の土佐から京へと戻る最中の出来事をつづった作品です。

紀貫之は、柿本人麻呂や小野小町らとともに三十六歌仙に数えられた平安前期の歌人です。『古今和歌集』の撰者、『新撰和歌』(新撰和歌集とも)の編者としても知られています。

品詞分解



※名詞は省略しています。

二十七日。大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。かくあるうちに、京にて生まれたりし女児、国にてにはかに失せにしかば、このごろの出で立ち急ぎを見れど、何事も言はず。

二十七日。
大津
より格助詞
浦戸
格助詞
さしサ行四段活用「さす」連用形
接続助詞
漕ぎ出づ。ダ行下二段活用「こぎいづ」の終止形
かく副詞
ある補助動詞・ラ行変格活用「あり」の連体形
うち
に、格助詞
にて格助詞
生まれラ行下二段活用「うまる」の連用形
たり存続の助動詞「たり」の連用形
過去の助動詞「き」の連体形
女子、
にて格助詞
にはかになり活用の形容動詞「にはかなり」の連用形
失せサ行下二段活用「うす」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
しか過去の助動詞「き」の已然形
ば、接続助詞
このごろ
格助詞
出で立ち
いそぎ
格助詞
見れマ行上一段活用「みる」の已然形
ど、接続助詞
なにごと
係助詞
言はハ行四段活用「いふ」の未然形
ず。打消の助動詞「ず」の終止形



京へ帰るに、女児のなきのみぞ悲しび恋ふる。ある人々もえ堪へず。この間に、ある人の書きて出だせる歌、

格助詞
帰るラ行四段活用「かへる」の連体形
に、格助詞
女子
格助詞
なきク活用の形容詞「なし」の連体形
のみ副助詞
係助詞
悲しびバ行四段活用「かなしぶ」の連用形
恋ふる。ハ行上二段活用「こふ」の連体形
あるラ行変格活用「あり」の連体形
人々
係助詞
副詞
堪へハ行下二段活用「たふ」の未然形
ず。打消の助動詞「ず」の終止形
代名詞
格助詞
に、格助詞
ある連体詞
格助詞
書きカ行四段活用「かく」の連用形
接続助詞
出だせサ行四段活用「いだす」の已然形
完了の助動詞「り」の連体形
歌、



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。