manapedia
古文単語「うらかく/裏かく」の意味・解説【カ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,417 views
うらかく/裏かく

ALT

カ行四段活用

未然形うらかか
連用形うらかき
終止形うらかく
連体形うらかく
已然形うらかけ
命令形うらかけ


意味:自動詞

(矢などが鎧の裏まで)
貫く、貫通する

[出典]木曾最期 平家物語
「『ただ、射取れや。』とて、中に取りこめ、雨の降るやうに射けれども、鎧よければ裏かかず、あき間を射ねば手も負はず。 」

[訳]:「とにかく、(兼平を)射止めろ。」といって、(兼平を軍勢の)中に取り囲んで、雨が降るように(矢を)射たのだが、(兼平の)鎧がよいので貫通せず、(鎧と鎧の)隙間を射ないので傷も負わない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。