manapedia
更新日時:
古文単語「いかがせむ/如何せむ」の意味・解説【連語】
著作名: 走るメロス
6,302 views
いかがせむ/如何せむ

このテキストでは、古文単語「いかがせむ/如何せむ」の意味、解説とその使用例を記している。

成り立ち

副詞「いかが」とサ行変格活用の動詞「す」の未然形「せ」と意志/推量の助動詞「む」の連体形「む」が一語になったもの。

連語

意味1

(疑問の意味で)
どうしようか、どうしたらよいだろうか

[出典]宇治川の先陣 平家物語
いかがせむ、淀、一口へや回るべき、水の落ち足をや待つべき。」

[訳]どうしたらよいだろうか、淀(の方面)、一口(の方面)へ回り道をするべきか、水位が落ちるのを待つべきか。


意味2

(反語の意味で)
どうしようか、いやどうしようもない

[出典]:古今和歌集
「思ふとも離れなむ人をいかがせむ飽かず散りぬる花とこそ見め」

[訳]:恋しく思っても離れてしまう人を、どうしようか、いや、どうしようもない。(だから)満足しないうちに散ってしまった花(桜)と思うことにしよう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。