manapedia
更新日時:
源氏物語『須磨の秋・心づくしの秋風(須磨には、いとど心づくしの〜)』の品詞分解(助動詞など)
著作名: 走るメロス
82,261 views
源氏物語『須磨の秋・心づくしの秋風』

このテキストでは、源氏物語の一節『須磨の秋(須磨には、いとど心づくしの〜)』の品詞分解をしています。書籍によっては『心づくしの秋風』と題しているものもあるようです。



※現代語訳:源氏物語『須磨の秋・心づくしの秋風(須磨には、いとど心づくしの〜)』の現代語訳

※源氏物語は平安中期に成立した長編小説です。一条天皇中宮の藤原彰子に仕えた紫式部が作者とするのが通説です。

品詞分解

※名詞は省略しています。


須磨には、いとど心づくしの秋風に、海はすこし遠けれど、行平の中納言の、「関吹き越ゆる」と言ひけむ浦波、夜々はげにいと近く聞こえて、またなくあはれなるものは、かかる所の秋なりけり。

須磨
格助詞
は、係助詞
いとど副詞
心づくし
格助詞
秋風
に、格助詞
係助詞
すこし副詞
遠けれ形容詞・ク活用・已然形
ど、接続助詞
行平の中納言
の、格助詞
「関
吹き越ゆる」ラ行下二段活用・連体形
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
けむ過去伝聞の助動詞・連体形
浦波、
夜々
係助詞
げに副詞
いと副詞
近く形容詞・ク活用・連用形
聞こえヤ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
またなく形容詞・ク活用・連用形
あはれなる形容動詞・ナリ活用・連体形
もの
は、係助詞
かかるラ行変格活用・連体形
格助詞
なり断定の助動詞・連用形
けり。詠嘆の助動詞・終止形



御前にいと人少なにて、うち休みわたれるに、一人目を覚まして、枕をそばだてて四方の嵐を聞き給ふに、

御前
格助詞
いと副詞
人少なに形容動詞・ナリ活用・連用形
て、接続助詞
うち休みわたれラ行四段活用・已然形
存続の助動詞・連体形
に、接続助詞
一人
格助詞
覚ましサ行四段活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
そばだてタ行下二段活用・連用形
接続助詞
四方
格助詞
格助詞
聞きカ行四段活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連体形
に、接続助詞



波ただここもとに立ちくる心地して、涙落つともおぼえぬに、枕浮くばかりになりにけり。

ただ副詞
ここもと代名詞
格助詞
立ちくるカ行変格活用・連体形
心地
サ行変格活用・連体形
て、接続助詞
落つタ行上二段活用・終止形
格助詞
係助詞
おぼえヤ行下二段活用・未然形
打消の助動詞・連体形
に、接続助詞
浮くカ行四段活用・連体形
ばかり副助詞
格助詞
なりラ行四段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形



琴をすこしかき鳴らし給へるが、我ながらいとすごう聞こゆれば、弾きさし給ひて、「恋ひわびて泣く音にまがふ浦波は思ふ方より風や吹くらむ」と歌ひ給へるに、

格助詞
すこし副詞
かき鳴らしサ行四段活用・連用形
給へ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・已然形
完了の助動詞・連体形
が、格助詞
我ながら代名詞
いと副詞
すごう形容詞・ク活用・連用形のウ音便
聞こゆれヤ行下二段活用・已然形
ば、接続助詞
弾きさしサ行四段活用・連用形
給ひ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
「恋ひわびバ行上二段活用・連用形
接続助詞
泣くカ行四段活用・連体形
格助詞
まがふハ行四段活用・連体形
浦波
係助詞
思ふハ行四段活用・連体形
より格助詞
係助詞
吹くカ行四段活用・終止形
らむ」現在推量の助動詞・連体形
格助詞
歌ひハ行四段活用・連用形
給へ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・已然形
完了の助動詞・連体形
に、接続助詞



人々おどろきて、めでたうおぼゆるに、忍ばれで、あいなう起きゐつつ、鼻を忍びやかにかみわたす。

人々
おどろきカ行四段活用・連用形
て、接続助詞
めでたう形容詞・ク活用・連用形のウ音便
おぼゆるヤ行下二段活用・連体形
に、接続助詞
忍ばバ行四段活用・未然形
可能の助動詞・未然形
で、接続助詞
あいなう形容詞・ク活用・連用形のウ音便
起きゐワ行上一段活用・連用形
つつ、接続助詞
格助詞
忍びやかに形容動詞・ナリ活用・連用形
かみわたす。サ行四段活用・終止形


つづく:源氏物語『須磨の秋(げに、いかに思ふらむ〜)』の品詞分解

※現代語訳:源氏物語『須磨の秋・心づくしの秋風(須磨には、いとど心づくしの〜)』の現代語訳

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。