manapedia
更新日時:
枕草子『中納言参りたまひて』テストで出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
234,719 views
中納言参りたまひて

このテキストでは、枕草子の一節「中納言参りたまひて」でテストに出題されそうな問題をピックアップしています。





清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であった中宮定子に仕えました。枕草子は、兼好法師の『徒然草』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。


問題

次の文章を読み、問いに答えよ


中納言参り給ひて、御扇奉らせたまふに、

「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。それをはらせて参らせむとするに、おぼろけの紙はえ張るまじければ、求めはべるなり。」


と申したまふ。

「いかやうにかある。」


問ひ聞こえさせたまへば

すべていみじうはべり。『さらにまだ見ぬ骨のさまなり。』となむ人々申す。まことにかばかりのは見えざりつ。」


と、言高くのたまへば、

「さては、扇のにはあらで、海月のななり。」


と聞こゆれば、

これは隆家が言にしてむ。」


とて笑ひたまふ。
かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、

「一つな落としそ。」


と言へば、いかがはせむ。





設問

Q1:「参り給ふ」の「参り」と「給ふ」はそれぞれ誰から誰への敬語か答えよ。


Q2:「問ひ聞こえさせたまへば」は、誰が誰にきいたのかを答えよ。


Q3:「すべていみじうはべり」を現代語訳せよ。


Q4:「まことにかばかりのは」の「の」の後に1文字入れるとしたら何が入るか。本文中より抜き出せ。






Q5:「海月」を現代仮名遣いで読め。


Q6:「これは隆家が言にしてむ」の「これ」とは何を指すか。本文中から抜き出せ。


Q7:「かやうのこと」とはどのようなことを指すか。


次ページ:解答と現代語訳




1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。