manapedia
遍昭『浅緑糸縒りかけて白露を珠にも貫ける春の柳か』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
15,802 views
はじめに

このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「浅緑糸縒りかけて白露を珠にも貫ける春の柳か」という歌について説明していきます。

原文

浅緑糸縒りかけて白露を珠にも貫ける春の柳か

現代語訳(口語訳)

(柳や白露の美しさを、糸や玉に例えて)うすい緑色の糸をよりあわせて、露を白珠のように貫いている春の柳よ

単語・解説

浅緑糸縒りかけて柳に降った雨粒がついて白露となっている様子を、玉に糸を通したものに見立てている
縒る糸をねじり合わせて1本の強い糸にする


品詞分解

※名詞は省略しています。

浅緑
縒りかけカ行下二段活用・連用形
接続助詞
白露
格助詞
格助詞
係助詞
貫けカ行四段活用・已然形
存続の助動詞・連体形
格助詞
終助詞


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。