新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

徒然草『をりふしの移り変わるこそ』(灌仏のころ、祭りのころ〜)の品詞分解2

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
をりふしの移り変わるこそ

このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「をりふし移り変はること」(灌仏のころ、祭りのころ、若葉の梢涼しげに茂りゆくほどこそ〜)の品詞分解をしています。2回にわけて書いていますが、このテキストはその2回目です。

※前回のテキスト:「をりふし移り変はるこそ」(をりふしの移り変はるこそ、ものごとにあはれなれ〜)の品詞分解

※現代語訳:「をりふしの移り変わるこそ」わかりやすい現代語訳と解説その2

品詞分解

※名詞は省略してあります。

灌仏
格助詞
ころ、
祭り
格助詞
ころ、
若葉
格助詞
涼しげにナリ活用の形容動詞「すずしげなり」の連用形
茂りゆくカ行四段活用「しげりゆく」の連体形
ほど
こそ、係助詞
格助詞
あはれ
も、係助詞
格助詞
恋しさ
係助詞
まされ。」ラ行四段活用「まさる」の已然形
格助詞
格助詞
仰せラ行下二段活用「おほせらる」の連用形、またはサ行下二段活用「おほす」の未然形+尊敬の助動詞「らる」の連用形
過去の助動詞・連体形
こそ、係助詞
げに副詞
さるラ行変格活用「さり」の連体形
もの
なれ。断定の助動詞「なり」の已然形
五月、
あやめ
ふくカ行四段活用「ふく」の連体形
ころ、
早苗
取るラ行四段活用「とる」の連体形
ころ、
水鶏
格助詞
たたくカ行四段活用「たたく」の連体形
など副助詞
心細からク活用の形容詞「こころぼそし」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
かは。係助詞
六月
格助詞
ころ、
あやしきシク活用の形容詞「あやし」の連体形
格助詞
夕顔
格助詞
白くク活用の形容詞「しろし」の連用形
見えヤ行下二段活用「みゆ」の連用形
て、接続助詞
蚊遣火
ふすぶるバ行下二段活用「ふすぶる」の連体形
係助詞
あはれなり。ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の終止形
六月祓
また
をかし。シク活用の形容詞「をかし」の終止形


1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Tunagari_title
・徒然草『をりふしの移り変わるこそ』(灌仏のころ、祭りのころ〜)の品詞分解2

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選国語総合』 大修館書店
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 21,233 pt 
 役に立った数 21 pt 
 う〜ん数 5 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。