manapedia
更新日時:
韓非子『侵官之害』現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
187,862 views

現代語訳(口語訳)

昔、韓の昭侯が酔って寝てしまったことがありました。
冠を管理する職の者が君主が寒そうにしているのを見て、衣服を君主の上にかけました。
(昭侯が)眠りから覚めると(衣がかけてあったことに)喜んで、側近の者に尋ねました。
「誰が衣をかけてくれたのか。」と。


側近の者が答えて言いました。
「冠を管理する者です。」と。


君主はこれによって衣を管理する職にある者と冠を管理する職にある者をともに罰しました。
衣を管理する職にある者を罰したのは、自分の職責を全うしていないと考えたからです。
冠を管理する職にある者を罰したのは、自分の役割を越えたことをしたからです。
寒さを苦手としないわけではないですが、(他人の)職務を侵すことの弊害は寒さのそれよりも重たいものだと思ったからです。
名君が家臣を待遇するときには、家臣は(自分の)官職を越えて功績を得ることはできず、意見を述べて(その通りに)実行しないことは許されません。

(自らの)官職を超えたことを行えば死刑にされ、述べたことを実行しなければ処罰されます。
(家臣らが)自分の官職の範囲を守って、言動の整合性がとれているのであれば、家臣たちは仲間を組んで君主にさからうことはできないのです。

単語・文法解説

非不悪寒也「非不A」で「〜(せ)ざるにあらず」と読み、「〜しないのではない」と二重否定の意味で訳す
畜臣家臣を待遇する
朋党仲間を組む
相為君主にさからう


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。