manapedia
更新日時:
老子『小国寡民』書き下し文、現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
117,794 views

現代語訳(口語訳)

小さい国で国民は少ない(国があるとしよう)。
(そこでは、)便利な道具(*)があっても(国民には)使わせない。



国民に命を大切にさせ、遠くに移住させないようにするのであれば、たとえ小舟や車があったとしても、これに乗ることはなく、たとえ鎧と武器があったとしても、これを並べることはない。(並べて戦争をすることはない。)

国民に、縄を結んでそれを約束の印として用い(た古代のような生活をさせ)、食事をおいしいと思い、着ている服を美しいと思い、住居に満足し、自分たちの生活の習慣を楽しいませるようにすれば、近隣の国がすぐ見える所にあって、鶏や犬の鳴き声が聞こえる距離にあったとしても、国民は置いて死ぬまで、互いの国を行き来するようなことはない。

単語解説

什伯之器「道具」や「兵器」など諸説あるが、ここでは「道具」と訳す
舟輿小舟や車
甲兵鎧や武器
「並べる」と訳す。「陳列するの陳」と考えると覚えやすい


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。