manapedia
更新日時:
【八峡】あなたは読める?難読地名の読み方と由来
著作名: 春樹
208 views
【八峡】の読み方と由来

日本各地には、漢字の読み方が一般的なものではない難読地名がたくさんあります。地名の読み方と由来を知ることでその土地の意外な歴史を知ることができるかもしれません。

今回は、宮崎県延岡市北方町の「八峡」についてみていきます。



「八峡」の読み方

八峡」は「やかい」と読みます。


北方町のトリビア

北方町は、全国で唯一、干支による住所表記をしていました。そのため町内には「うさぎ橋」や「ひつじ橋」など干支の名前を冠した施設が多数みられます。現在でも番地のはじめに「子丑寅卯辰巳...」とついており、八峡は午(うま)にあたります。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。