manapedia
更新日時:
古文単語「そぞろなり/漫ろなり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
14 views
そぞろなり/漫ろなり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形そぞろなら
連用形そぞろなりそぞろに
終止形そぞろなり
連体形そぞろなる
已然形そぞろなれ
命令形そぞろなれ


意味1

むやみやたらに、理由もなく

[出典]留志長者のこと 宇治拾遺物語
「そぞろに長者が財を失はむとは、何しに思し召さむ。」

[訳]理由もなく長者が財産を失おうとは、どうしてお思いになるでしょうか、いやお思いになりません。


意味2

なんとはなしに、なんということもない、これという当てもない

[出典]:太平記
「軍もなくて、そぞろに向かひゐたるつれづれに...」

[訳]:戦争もなく、これという当てもなく向かい合って座っていることの所在のなさに...


意味3

思いがけない、予想外である

[出典]:今昔物語
「障子のそぞろに倒れかかりけるなりけり。」

[訳]:障子が思いがけなく倒れかかったのであったなあ。


意味4

関係がない、なんのゆかりもない

[出典]:宇治拾遺物語
そぞろなる人の手より、物を多く得てけり。」

[訳]なんのゆかりもない人の手から、ものをたくさんもらったのでした。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。