manapedia
更新日時:
古文単語「たちわづらふ/立つ煩ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
297 views
たちわづらふ/立つ煩ふ

ALT

ハ行四段活用

未然形たちわづらは
連用形たちわづらひ
終止形たちわづらふ
連体形たちわづらふ
已然形たちわづらへ
命令形たちわづらへ


意味1:自動詞

たちくたびれる

[出典]:蓬生 源氏物語
「御使ひのたちわづらはむもいとほしう...」

[訳]:使者が立ちくたびれるであろうことも気の毒で...


意味2:自動詞

立ち去りがたく思う

[出典]:夕顔 源氏物語
たちわづらひたまふも、軽々しう...」

[訳]立ち去り難くお思いになるのも、(身の上から考えれば)軽々しくもあり...


意味3:自動詞

車などを置くことができずに困る

[出典]車争ひ 源氏物語
「隙もなう立ちわたりたるに、よそほしう引き続きて立ちわづらふ。」

[訳]:(通りには)隙間もなく(牛車が)ずらりと立ち並んでいるので、(葵の上の一行は)厳かで盛大に列を引き連ね、車の停め場所がなくて困っています


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。