manapedia
更新日時:
古文単語「ひたすら/只管/一向」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
2,047 views
ひたすら/只管/一向

ALT

副詞

意味1

いちずに、もっぱら、ただただ

[出典]あだし野の露消ゆるときなく 徒然草
「夕べの陽に子孫を愛して、さかゆく末を見んまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く...」

[訳]:夕日のような(残りわずかな)命の身で子や孫をかわいがり、(彼らが)繁栄してゆく将来を見届けるまでの命を期待し、ただただこの世の利益や欲望に執着する心だけ強く...


意味2

すっかり、まったく、

[出典]:朝顔 源氏物語
「この盛りに挑み給ひし女御、更衣、あるはひたすら亡くなり給ひ、あるはかひなくて...」

[訳]:この女盛りのころに(帝の寵愛を受けようと)張り合っておられた女御、更衣、ある方はまったく故人となられ、ある方は生きがいもない身の上で...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。