新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

徒然草『あだし野の露消ゆるときなく』の現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
徒然草『あだし野の露消ゆる時なく』

ここでは徒然草の中の『あだし野の露消ゆる時なく』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

あだし野の露消ゆるときなく、鳥部山の煙立ち去らでのみ、住み果つるならひならば、いかにもののあはれもなからん。世は定めなきこそいみじけれ。

命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。かげろふの夕べを待ち、夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。飽かず、惜しと思はば、千年を過ぐすとも、一夜のの心地こそせめ。住み果てぬ世に、みにくき姿を待ちえて、何かはせん。命長ければ辱多し。長くとも四十に足らぬほどにて死なんこそ、目安かるべけれ。

そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出で交じらはんことを思ひ、夕べの陽に子孫を愛して、さかゆく末を見んまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。

現代語訳(口語訳)

あだし野の露は消えるときがなく、(また)鳥部山の煙が立ち去らないでいるように、(人が永遠にこの世の限りまで)この世に住み続ける習わしであるのならば、どんなに物の情緒というものがないことでしょう。この世は無情であるからこそ素晴らしいのです。

命があるものを見るにつけても、人間ほど長生きするものはありません。かげろう(虫の名前)が(朝に生まれて)夕方を待たずに(死ぬこともあれば)、セミが(夏限りの命なので)春や秋を知らずに(死んでしまう)いることもあるのです。しみじみと一年を暮らすだけでも、この上なくゆったりとしているものです。(にもかかわらず人生に)満足せず、命が惜しいと思うのであれば、(例え)千年を生きようとも、一晩の夢のようなはかない気持ちがするでしょう。いつまでも住み続けることのできないこの世で、醜い姿を待ち迎えて(老いて醜い姿になって)、それが何になるでしょうか、いや何にもなりません。命が長いと恥をかくことも多くなります。長くても40歳に足りないくらいで死ぬのが、見苦しくないでしょう。

その年齢を過ぎてしまうと、(自分の)容姿を恥じることもなく、人の前に出て付き合おうということを思い、夕日のような(残りわずかな)命の身で子や孫を愛し、彼らがますます栄えてゆく末を見届けるまでの命を願います。(そして)ただただ、この世の利益や欲望に執着する心だけ強く、物の情緒さもわからなくなっていくのは、まったく嘆かわしいことです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 』三省堂
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 古典B 古文編』 桐原書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 90,617 pt 
 役に立った数 98 pt 
 う〜ん数 18 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。