manapedia
更新日時:
古文単語「おもひよそふ/思ひ寄そふ」の意味・解説【ハ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
2,238 views
おもひよそふ/思ひ寄そふ

ALT

ハ行下二段活用

未然形おもひよそへ
連用形おもひよそへ
終止形おもひよそふ
連体形おもひよそふる
已然形おもひよそふれ
命令形おもひよそへよ


意味:他動詞

他のものに見立てる、何かになぞらえて思う、連想する

[出典]名を聞くより 徒然草
「昔物語を聞きても、この比(ごろ)の人の家のそこほどにてぞありけんと覚え、人も、今見る人の中に思ひよそへらるるは、誰もかく覚ゆるにや。」

[訳]: 昔の物語を聞いても、(物語の舞台となった場所は)現在のあの人の家のそこらあたりであっただろうと思われ、(その物語に登場する)人も、現在見る人の中(の誰か)に自然となぞらえて思われるのは、(私ばかりではなく)誰もこのように思われるのであろうか。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。