manapedia
更新日時:
古文単語「しぶく/渋く」の意味・解説【カ行四段活用】
著作名: 走るメロス
4,181 views
しぶく/渋く

ALT

カ行四段活用

未然形しぶか
連用形しぶき
終止形しぶく
連体形しぶく
已然形しぶけ
命令形しぶけ


意味:自動詞

とどこおる、詰まる、つっかえる

[出典]検非違使忠明 今昔物語集
「京童部あまた立ちて向かひければ、その傍にえ逃げずして、蔀(しとみ)のもとの有りけるを取りて、脇に挟みて、前の谷に躍り落つるに、蔀のもとに風しぶかれて、谷底に鳥の居るやうに、やうやく落ち入りにければ、そこより逃げて去にけり。」

[訳]:若者たちがたくさん立ち(忠明に)向かってきたので、そちらの方には逃げることができずに、蔀の下戸があったのを取って、脇にはさんで、前の谷へ飛びおりたところ、蔀の下戸に風が滞って、谷底に鳥がとまるように、そろそろと落ちていったので、そこから逃げ去りました。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。