manapedia
古文単語「かいつく/掻い付く」の意味・解説【カ行四段活用】
著作名: 走るメロス
2,188 views
かいつく/掻い付く

※「かいつく」は「かきつく」のイ音便。
ALT

「かいつく」は
①カ行四段活用
②カ行下二段活用
の用法がある。

①カ行四段活用

未然形かいつか
連用形かいつき
終止形かいつく
連体形かいつく
已然形かいつけ
命令形かいつけ


意味:自動詞

しがみつく、抱きつく

[出典]うつくしきもの 枕草子
「をかしげなるちごの、あからさまにいだきて遊ばしうつくしむほどに、かいつきて寝たる、いとらうたし。 」

[訳]:かわいらしい様子の子どもが、ほんのちょっと抱いて遊ばせかわいがっているうちに、しがみついて寝たのは、とてもかわいらしい。


②カ行下二段活用

未然形かいつけ
連用形かいつけ
終止形かいつく
連体形かいつくる
已然形かいつくれ
命令形かいつけよ


意味:自動詞

付ける

[出典]:常夏 源氏物語
「紅といふもの、いと赤らかにかいつけて、髪けづりつくろひたまへる...」

[訳]:口紅というものを、たいそう赤くつけて、髪をとかし化粧をなさる...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。