manapedia
更新日時:
古文単語「おゆ/老ゆ」の意味・解説【ヤ行上二段活用】
著作名: 走るメロス
5,125 views
おゆ/老ゆ

ALT

ヤ行上二段活用

未然形おい
連用形おい
終止形おゆ
連体形おゆる
已然形おゆれ
命令形おいよ


意味1:自動詞

年をとる、老いる

[出典]さらぬ別れ 伊勢物語
老いぬればさらぬ別れのありといへばいよいよ見まくほしき君かな」

[訳]年をとると避けることのできない(死別の)別れがあるというので、よりいっそう会いたく思うあなたですよ


意味2:自動詞

弱くなる、衰える

[出典]:厳島御幸 平家物語
「梢の花色おとろへて、宮の鶯の声老いたり。」

[訳]:梢の花の色があせて、宮中の鶯の鳴き声も弱くなった。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。