新規登録 ログイン

1_80 古典:ことば / 古文:単語/ことば

古文単語「さらなり/更なり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
さらなり/更なり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形さらなら
連用形さらなりさらに
終止形さらなり
連体形さらなる
已然形さらなれ
命令形さらなれ


意味1

当たり前すぎて言うのもおかしい、今更という感じがする

※この用法の場合、「言へばさらなり/言ふもさらなり」の形となる。
[出典]源氏物語 紫式部
「つらつき、まみの薫れるほどなど言へばさらなり。」

[訳]:顔つき、目もとがつややかに美しく見える様子などは言うまでもありません


意味2

言うまでもない、もちろんだ

※1の「言へばさらなり/言ふもさらなり」から「言へば/言ふも」が省略されたもの。
[出典]枕草子 清少納言
「夏は夜。月のころはさらなり...」

[訳]:夏は夜(が良い)。月が出ている頃は言うまでもなく...

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,716 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。