新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「かつ」の意味・解説【副詞/接続詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
かつ

ALT

※「かつ」は
①副詞
②接続詞
としての用法がある。

①副詞

意味1

一方では

[出典]ゆく河の流れ 方丈記
「よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。」

[訳]:川のよどみに浮かんでいる水の泡は、一方では消え、一方ではまたできたりと、そのままの状態で長くとどまっている例はない。


意味2

すぐに、次から次へと

[出典]をりふしの移り変わるこそ 徒然草
「おぼしきこと言はぬは腹ふくるるわざなれば、筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなれば、人の見るべきにもあらず。」

[訳]:こうあって欲しいと思うことを口にしないのはお腹が膨れるような(嫌な)ことなので、 (この文章は)筆の勢いにまかせながら書いたつまらない慰めのようなもので、(書いては)すぐに破り捨てるべきものだから、人が見るようなものでもない。


意味3

わずかに、ちょっと

[出典]:明石 源氏物語
かつ見るにだに飽かぬ御さまを、『いかで隔てつる年月ぞ』とあさましきまで思ほすに...」

[訳]ちょっと目にするだけでは満足できないご様子ですが、「どうして長い間会わずにいられたのだろうか。」と、あきれるほどお思いになるにつけても...


意味4

(「見る/聞く/知る」などの上について)
すでに、あらかじめ

[出典]:万葉集 大伴家持
「世の中し常かくのみとかつ知れど痛き心は忍びかねつも」

[訳]:世の中は常にこのようなことばかりだとすでに知ってはいるが、つらい気持ちは堪えがたいものだ。


②接続詞

意味

そのうえ、それに加えて

※この用法が用いられるのは、近世以降の作品。
[出典]:宮城野 奥の細道
「猶、松島・塩がまの所々画に書きて送る。、紺の染緒つけたる草鞋二足餞す。」

[訳]:それから(加右衛門は)松島や塩釜のあちらこちら絵に描いて、送ってくれる。そのうえ紺色の染緒のついた草鞋二足を餞別としてくれる。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 812 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。