新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

竹取物語冒頭『かぐや姫の生い立ち』テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
竹取物語『かぐや姫の生い立ち』

ここでは、竹取物語の中の『かぐや姫の生い立ち』(今は昔、竹取の翁といふものありけり〜)でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 書籍によっては『冒頭』とだけ記されるものもあります。

次の文章を読み、問いに答えよ。


今は昔、竹取の翁といふものありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば、さぬきの造となむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありけるあやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり

翁言ふやう、

我、朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて、知りぬ。子となり給ふべき人なめり

とて、手にうち入れて家へ持ちて来ぬ。妻の嫗に預けて養はす。うつくしきことかぎりなし。いと幼ければ籠に入れて養ふ。竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけてのちに竹取るに、節を隔ててよごとに金ある竹を見つくること重なりぬ。かくて翁やうやう豊かになりゆく。

問題

Q1:「翁」、「さぬきの造」、「妻」、「嫗」、「籠」を現代仮名遣いで記しなさい。


Q2:「もと光る竹なむ一筋ありける」の「ありける」について、助動詞「ける」の意味と活用形を答えなさい。またこの「ける」と同じ意味・活用形の助動詞が文中にはあと一箇所使われている。それを四文字で抜き出しなさい。


Q3:「あやしがりて」の意味を答えなさい。


Q4:「いとうつくしうてゐたり」を現代語訳しなさい。


Q5:「子になり給ふべき人なめり」の「なめり」を文法的に説明しなさい。


次ページ:解答と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・竹取物語冒頭『かぐや姫の生い立ち』テストで出題されそうな問題

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選国語総合』 三省堂
『教科書 高等学校国語総合』 第一学習社
『教科書 高等学校国語総合 古典編』 三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 32,890 pt 
 役に立った数 93 pt 
 う〜ん数 14 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。