新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

竹取物語冒頭『かぐや姫の成長』テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
竹取物語冒頭『かぐや姫の成長』

ここでは、竹取物語の冒頭の中の『かぐや姫の成長』(この児、養ふほどに、すくすくと大きになりまさる〜)でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

次の文章を読み、問いに答えよ。


この児、養ふほどに、すくすくと大きになりまさる。三月ばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば、髪上げなどとかくして、髪上げさせ、裳着す。帳のうちよりも出ださず、いつき養ふ。この児のかたちけうらなること世になく、屋のうちは暗き所なく光り満ちたり。翁、心地あしく、苦しきときも、この子を見れば、苦しきこともやみぬ。腹立たしきことも慰みけり。

翁、竹を取ること久しくなりぬ。勢ひ猛の者になりにけり。 この子いと大きになりぬれば、名を、御室戸斎部の秋田を呼びて、付けさす。秋田、なよ竹のかぐや姫と付けつ。このほど三日うちあげ遊ぶ。よろづの遊びをぞしける。男はうけきらはず呼び集へて、いとかしこく遊ぶ。 

世界の男、貴なるもいやしきもいかでこのかぐや姫を得てしがな、見てしがなと、音に聞き、めでて惑ふ。

問題

Q1:「児」、「裳着す」、「貴なる」を現代仮名遣いで記しなさい。


Q2:「よきほどなる人」の意味を答えなさい。


Q3:「けうらなること」の意味を答えなさい。


Q4:「いとかしこく遊ぶ」の「かしこく」の意味を答えなさい。


Q5:「貴なるもいやしきも」を現代語訳しなさい。


Q6:「いかでこのかぐや姫を得てしがな」を現代語訳しなさい。


次ページ:解答と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・竹取物語冒頭『かぐや姫の成長』テストで出題されそうな問題

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選国語総合』 三省堂
『教科書 高等学校国語総合 古典編』 三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校国語総合』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 16,871 pt 
 役に立った数 30 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。