新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『鶏口牛後』書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『鶏口牛後』

ここでは、中国の故事である鶏口牛後の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。鶏口牛後とは、大きな組織の末端のではなく、小さな組織のトップでいなさいという意味です。

白文(原文)

秦人恐喝諸侯、求割地。
有洛陽人蘇秦。游説秦恵王不用。乃往説燕文侯、与趙従親。燕資之以至趙。説粛侯曰、

「諸侯之卒、十倍於秦。并力西向、秦必破。為大王計、莫若六国 従親以擯秦。」


粛侯乃資之以約諸侯。蘇秦以鄙諺説諸侯曰、

「寧為鶏口、無為牛後。」


於是六国従合。

つづく

書き下し文

秦人諸侯を恐喝して地を割かんことを求む。
洛陽の人蘇秦なるもの有り、秦の恵王に游説して、用ゐられず。乃ち往きて燕の文侯に説き、趙と従親せしむ。燕之に資して以て趙に至らしむ。粛侯に説きて曰はく、

「諸侯の卒は、秦に十倍す。力を并せて西に向かはば、秦必ず破れん。大王の為に計るに、六国従親して以つて秦を擯(しりぞ)くるに若(し)くは莫(な)し。」と


粛侯乃ち之に資して、以つて諸侯を約せしむ。
蘇秦鄙諺(ひげん)を以つて諸侯に説きて曰はく、

「寧ろ鶏口と為るとも、牛後と為ること無かれ。」と


是に於いて六国従合す。

つづく

次ページ:口語訳(現代語訳)

1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Tunagari_title
・『鶏口牛後』書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 三省堂
『教科書 高等学校 標準 国語総合』 第一学習社
『教科書 探求国語総合』 桐原書店
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 国語総合』 桐原書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 344,903 pt 
 役に立った数 223 pt 
 う〜ん数 40 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!