新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

竹取物語『天の羽衣』(かぐや姫の昇天の一説)わかりやすい現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

竹取物語の一説、「天の羽衣」ついて現代語訳をしています。天の羽衣は、「かぐや姫の昇天」の中の一説です。
ALT


天の羽衣

天からの使者の1人が、箱を持っていました。この箱には天の羽衣が入っています。また別の箱には不老不死の薬が入っていました。使者の1人が、かぐや姫に向かって言います。

薬をお飲みになってください。長い間このように汚いところにいらっしゃったので、きっと気分が悪いことでしょう。」と


かぐや姫は少しそれをなめてから、(薬を)形見にと思い、先ほど脱いだ着物に包もうとしますが、天からの使者はそれをさせません。天の羽衣をかぐや姫に着させようとしたところ姫は、

ちょっと待って。聞くところによると、この天の羽衣を身にまとうと、心が変わってしまうらしい。1つ言っておくべきことがありました。


と言って、手紙を書き始めました。使者は

ぐずぐずするな。


とじれったくしていましたが、かぐや姫は

そうおっしゃらないでください。


と慌てずに、静かに帝に手紙を書いていました。

このようにたくさんの人を私の元へ遣わして、私を引きとめようとなさいますが、それを許さない迎えがやって参りまして、私を捕まえて天に戻そうとしますので、悲しいことでございます。帝にお仕えすることができないままであることも、このような身ゆえ。帝はご納得頂けないでしょうが、私は嫌がってかたくなに宮仕えを引き受けなかった無礼者と思われていることが心残りでございます。ここでお別れと思って、天の羽衣を身にまとおうとしたときに、あなた様のことを思い出しました。


と一句詠んで、頭の中将に手紙と薬の入ったつぼを渡しました。頭の中将がこれらを受け取ると、かぐや姫は天の羽衣を身にまといました。

(天の羽衣の影響で)おじいさんがかわいそうと思っていたこともすっかり忘れてしまいました。別れを嘆くこともなくなったので、車(山車)にのって、100人ほどの天界人をつれて、天へと昇っていってしまいました。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校 古典 古文編』 三省堂
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍
『教科書 精選国語総合』 東京書籍
『教科書 高等学校国語 国語総合 古典編』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 17,051 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。