manapedia
更新日時:
十訓抄『安養の尼上の小袖』(横川の恵心僧都の妹安養の尼のもとに〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
36,230 views

門戸のかたへ走り出てて、「やや。」と呼び返して「これ落されにけり。たしかに奉らむ。」と言ひければ、


門戸
格助詞
かた
格助詞
走り出でダ行下二段活用「はしりいづ」の連用形
て、接続助詞
「やや。」感動詞
格助詞
呼び返しサ行四段活用・連用形
て、接続助詞
「これ代名詞
落とさサ行四段活用・未然形
尊敬の助動詞・連用形
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
たしかにナリ活用の形容動詞「たしかなり」の連用形
奉らラ行四段活用・未然形
む。」意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞



盗人ども立ち止まりて、しばし案じたる気色にて、「悪しく参りにけり。」とて、取りける物どもを、さながら返し置きて帰りにけり。

盗人ども
立ちどまりラ行四段活用・連用形
て、接続助詞
しばし副詞
案じサ行変格活用・連用形
たる存続の助動詞・連体形
気色
断定の助動詞「なり」の連用形
て、接続助詞
「悪しくシク活用の形容詞「あし」の連用形
参りラ行四段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
けり。」過去の助動詞「けり」の終止形
とて、格助詞(または格助詞「と」+接続助詞「て」)
取りラ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
物ども
を、格助詞
さながら副詞
返し置きカ行四段活用・連用形
接続助詞
帰りラ行四段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形


※現代語訳:十訓抄『安養の尼上の小袖』のわかりやすい現代語訳と解説

1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。