manapedia
更新日時:
『能登殿最期』の品詞分解(今はかうと思はれければ~) 平家物語
著作名: 走るメロス
97,092 views

ここに、土佐国の住人、安芸郷を知行しける安芸大領実康が子に、安芸太郎実光とて、三十人が力持つたる大力の剛の者あり。


ここに接続詞
土佐の国
格助詞
住人、
安芸郷
格助詞
知行
サ行変格活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
安芸
格助詞
大領
実康
格助詞
に、格助詞
安芸太郎実光
とて、格助詞
三十人
格助詞
持つタ行四段活用・連用形の促音便
たる存続の助動詞・連体形
大力
格助詞
格助詞
あり。ラ行変格活用・終止形



我にちつとも劣らぬ郎等一人、弟の次郎も普通には優れたるしたたか者なり。安芸太郎、能登殿を見奉つて申しけるは、

代名詞
格助詞
ちつとも副詞
劣らラ行四段活用・未然形
打消の助動詞・連体形
郎等
一人、
格助詞
次郎
係助詞
普通
格助詞
係助詞
優れラ行下二段活用・連用形
たる存続の助動詞・連体形
したたか者
なり。断定の助動詞・終止形
安芸太郎、
能登殿
格助詞
マ行上一段活用・連用形
たてまつ補助動詞・ラ行四段活用・連用形の促音便が転じたもの・謙譲語
接続助詞
申しサ行四段活用・連用形・謙譲語
ける過去の助動詞・連体形
は、係助詞



「いかに猛うましますとも、われら三人取りついたらんに、たとひたけ十丈の鬼なりとも、などか従へざるべき。」とて、

「いかに副詞
猛う形容詞・ク活用・連用形のウ音便
まします補助動詞・サ行四段活用・終止形・尊敬語
とも、接続助詞
我ら代名詞+接尾語
三人
取りついカ行四段活用・連用形のイ音便
たら完了の助動詞・未然形
仮定の助動詞・連体形
に、格助詞
たとひ副詞
十丈
格助詞
なり断定の助動詞・終止形
とも、接続助詞
などか
従へハ行下二段活用・未然形
ざる打消の助動詞・連体形
べき。」推量の助動詞・連体形
とて、格助詞



主従三人小舟に乗つて、能登殿の船に押し並べ、「えい。」と言ひて乗り移り、甲のしころを傾け、太刀を抜いて、一面に打つてかかる。

主従
三人
小舟
格助詞
乗つラ行四段活用・連用形
て、接続助詞
能登殿
格助詞
格助詞
押し並べ、バ行下二段活用・連用形
「えい。」感動詞
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
接続助詞
乗り移り、ラ行四段活用・連用形
格助詞
しころ
格助詞
傾け、カ行下二段活用・連用形
太刀
格助詞
抜いカ行四段活用・連用形のイ音便
て、接続助詞
一面に副詞
討つタ行四段活用・連用形の促音便
接続助詞
かかる。ラ行四段活用・終止形


【受験日本史まとめ】江戸時代の外交、慶長遣欧使節、朱印船貿易、4つの窓口について解説



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。