manapedia
更新日時:
【千曲川】あなたは読める?難読地名の読み方と由来
著作名: 春樹
1 views
【千曲川】の読み方と由来

日本各地には、漢字の読み方が一般的なものではない難読地名がたくさんあります。地名の読み方と由来を知ることでその土地の意外な歴史を知ることができるかもしれません。

今回は、長野県を流れる「千曲川」についてみていきます。



「千曲川」の読み方

千曲川」は「ちくまがわ」と読みます。


「千曲川」のトリビアと由来


新潟県および長野県を流れる川に信濃川があります。この川のうち長野県側を流れている川のことを千曲川と呼びます。つまり同じ川にもかかわらず、新潟県側と長野県側とでは呼び方が異なるのです。

千曲川はその名のとおり川が千の数ほど曲がっている様子から千曲川と呼ばれるようになりましたが、千曲川の水源地域である長野県川上村の伝説によれば、大昔、高天原に住む神々の間で大きな戦いがあり、このとき流された血潮によってできた川とされており、その血潮があたり一面隈なく流れたようすから「血隈川」と言うようになった、とも伝えられています。

引用元:国土交通省信濃川河川事務局HP


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。