manapedia
更新日時:
古文単語「はるたつ/春立つ」の意味・解説【連語/タ行四段活用】
著作名: 走るメロス
742 views
はるたつ/春立つ

ALT

連語

名詞「春」とタ行四段活用「立つ」が一語になったもの。

意味:自動詞

春になる、立春を迎える

[出典]古今和歌集
「袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ」

[訳]:(夏の日に)袖がぬれて(手に)すくった川の水が、(冬の間は)凍っていたのを、立春の今日の風が吹き溶かしているのだろうか。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。