manapedia
更新日時:
古文単語「をこがまし/痴がまし」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
1,858 views
をこがまし/痴がまし

ALT

形容詞・シク活用

未然形をこがましくをこがましから
連用形をこがましくをこがましかり
終止形をこがまし
連体形をこがましきをこがましかる
已然形をこがましけれ
命令形をこがましかれ


意味1

愚かに見える、馬鹿らしい、見苦しい、みっともない

[出典]三文にて歯二つ 沙石集
「これは申すに及ばず、大きに愚かなる事、をこがましきわざなり。」

[訳]:これは申し上げるまでもなく、大変おろかなことで、馬鹿らしい行いです。


意味2

差し出がましい、厚かましい、出過ぎている

[出典]:青砥稿花紅彩画
「天に代はって窮民を救うといふもをこがましいが...」

[訳]:天に変わって困窮している人々を救うというのも差し出がましいが...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。