manapedia
更新日時:
古文単語「こころはづかし/心恥づかし」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
1,954 views
こころはづかし/心恥づかし

ALT

形容詞・シク活用

未然形こころはづかしくこころはづかしから
連用形こころはづかしくこころはづかしかり
終止形こころはづかし
連体形こころはづかしきこころはづかしかる
已然形こころはづかしけれ
命令形こころはづかしかれ


意味1

(相手が立派なので)
気が引ける、きまりが悪い

[出典]にくきもの 枕草子
「にくきもの。急ぐことあるをりに来て、長言するまらうと。あなづりやすき人ならば、『後に』とても、やりつべけれど、さすがに心はづかしき人、いとにくく、むつかし。」

[訳]:しゃくに障るもの。急用がある時にやって来て、長話をする客。容易に見下げることができる人ならば、「後で。」と言ってでも、帰してしまうことができそうだが、そうはいってもやはり(相手が立派で)気がひける人であれば、(さすがにそうもできず)ひどくしゃくに障り不快だ。


意味2

(こちらが気後れするほど相手が)
立派である、優れている

[出典]:明石 源氏物語
「かうは馴れきこゆれど、いと気高う心恥づかしき御ありさまに...」

[訳]:(明石の入道は光源氏に)このように馴れ申し上げたものの、たいそう気高く立派であるご様子に...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。