manapedia
更新日時:
『先従隗始/先づ隗より始めよ』(昭王招賢者〜)書き下し文・わかりやすい現代語訳・口語訳と文法解説
著作名: 走るメロス
79,677 views

口語訳(現代語訳)

昭王が賢者を招聘しようとしました。
郭隗は次のように言います。



「昔の君主で、千金(もの大金)を側近に持たせて、千里の馬を買いに行かせた方がいました。(ところがその側近は)死んだ馬の骨を五百金で買って帰ってきたのです。
君主は怒りました。その側近が言うことには、

『死んだ馬の骨でさえ、(我々は五百金もの大金を出して)買ったのです。生きている馬ならなおさら高く買うに違いない(と周りの人は思うはずです。)千里の馬はすぐにもやってくるでしょう。』

一年もたたないうちに千里の馬が三頭やってきました。王様がどうしても賢者を招き入れたいとお考えならば、まずはこの隗から始めてください。(そうすれば、)この隗よりも賢い者がどうして、千里の道を遠いと思うでしょうか(いや遠いとは思わずに遠方からこの国に仕官しにやってくるはずです)。」と


そこで昭王は、郭隗のために新しく邸宅を築き、郭隗に師事しました。この話を聞いた賢者たちは、争って燕にやってくるようになりました。

単語・文法解説

(※1)涓人宮中の従者
(※2)千里馬1日で千里もの距離を走ることのできる名馬
(※3)而文章の接続を表す置き字
(※4)況「A~。いはんやB○○をや」で「Aでは~です。ましてやBでは○○でしょう。」と訳す
(※5)宮ここでは「邸宅」の意味


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。