manapedia
更新日時:
十八史略『背水之陣(漢三年、韓信・張耳〜)』現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
75,738 views

現代語訳(口語訳)


漢の三年、韓信と張耳は兵を率いて趙を攻めました。
趙の王である歇と成安君である陳余がこれを防ごうとしました。
夜中に、韓信は命令して軽騎兵二千人を出発させ、一人一人赤いのぼり旗を持たせて、抜け道から趙軍を遠く望めるところまで進軍させて言いました。

「趙軍は我々が逃げ出すのを見ると、必ず砦を明けて我々を追ってくるだろう。
お前たちは、早く趙の砦に入って、趙の旗を抜いて、漢の赤いのぼり旗を立てろ。」と。


そこで一万人の兵を、まず川を背にして陣取らせました。

明け方、大将ののぼり旗と太鼓を押し立てて、太鼓を鳴らしながら前進し、井陘口から出発しました。
趙軍は砦を開いてこれを迎え撃ちました。
(両軍は)しばらくの間戦いました。
韓信と張耳は、偽って太鼓と旗を捨てて、川岸の軍に(逃げ出して)走りました。
趙軍は思ったとおりに砦を空にしてこれを追ってきました。
川岸の軍は皆、死に物狂いで戦いました。
趙の軍は、もはや韓信らを取り逃がして(しまったので)、砦に帰ってみると、赤いのぼり旗を見てたいそう驚いて、その結果、混乱して逃げ出しました。
漢の軍は(砦側と川側から趙軍を)挟み撃ちにして、大いにこれを打ち破り、陳余を斬り、趙の(王である)歇を捕虜にしました。

諸将が勝利の祝いをし、(韓信に)尋ねて言いました。
「兵法では、『山や丘を右にしたり背にしたり、川や沢を前にしたり左にして陣を取りなさい』とあります。
今回川を背にして勝利したのはどうしてでしょうか。」と。


韓信は言いました。
「兵法に、『兵を死ぬような場所に陥れてはじめて、活路を見出すことができ、兵をか滅ぶような場所においてはじめて、生き残ることができる。』と言っていないか(いや、言っている)。」と。


諸将は皆、感服しました。

単語・文法解説

夜半夜中
のぼり
間道抜け道
平坦夜明け頃、明け方
良久「ややひさし」と読み、「しばらく」と訳す
「とりこ」と読み、「捕虜」の意味。動詞で用いると「捕虜にする」と訳す
祝う
兵法不曰〜乎「不〜乎」で「〜ざらんや」と読み、「〜ないか、いや、〜だ」と反語を表す


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。