manapedia
更新日時:
十八史略『褒姒大笑(至幽王之時〜)』書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
24,712 views

現代語訳(口語訳)

幽王の時代になって、褒の人(褒の国主)が罪をおかしました。
(そこで褒の国主は)この娘を幽王に献上しました。
(幽王は)この娘を褒娰と名づけました。
幽王はこの娘を寵愛しました。
褒娰は笑うことを好みませんでした。
幽王は褒娰に笑ってほしいと思い、様々な手をつくしましたが(褒娰は)笑いませんでした。


以前から幽王は(家臣の)諸侯と、侵略者が攻めてきたら、のろしをあげるので、兵を連れて馳せ判じなさいと約束をしていました。
そこで(幽王はためしに)理由もなくのろしをあげてみました。
諸侯はみな残らずやってきました。
しかし侵略者はいませんでした。
(それを見た)褒娰は大いに笑いました。


幽王は(正室であった)申后と皇太子の宜臼を廃して、褒娰を皇后として、そしてその子の伯服を皇太子としました。
宜臼は(申后の出身地であった)申にかけつけました。
幽王はこれ(宜臼)を殺そうとしましたが、捉えることができませんでした。
そこで(幽王は)申を攻めました。
(申后の父・宜臼の祖父である)申侯は、犬戎を招いて幽王を攻めました。
幽王はのろしをあげて徴兵しようとしましたが、誰もやってきませんでした。
犬戎は、幽王を驪山のふもとで殺したのです。

単語・文法解説

幽王中国が周だった時代の王
褒人直訳すると「褒の国の人」であるが、ここでは「褒の国主」と訳す
是為褒娰「是為A」で「これをAとなす」と読み、「これをAとする」と訳す
寵愛する
外敵、侵略者
弗得「弗A」で「Aできない」と訳す
犬戎中国西部に住んでいた遊牧民族


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。