manapedia
更新日時:
クノッソスとは わかりやすい世界史用語207
著作名: ピアソラ
120 views
クノッソスは、古代ギリシャ文明の中でも特に重要な位置を占める遺跡の一つです。クレタ島の北部に位置し、特にミノア文明の中心地として知られ、その繁栄は長い期間にわたります。この地は、伝説の王ミノスの都であり、迷宮の物語やミノタウロスの伝説など、多くの神話に登場する場所としても有名です。

クノッソスの遺跡は、二つの小川が合流する丘の上に立地しており、現在のクレタ島の北海岸から約8キロメートル内陸に位置しています。この地に最初に人が住み始めたのは、紀元前7千年紀にアナトリアから来た農耕社会の人々でした。彼らは小麦や家畜の飼育によって生計を立てていましたが、紀元前3000年頃からは青銅を使用し始め、釉薬をかけた陶器、刻印された印章、金の装飾品などを製作するようになります。また、この時期には象形文字が発明され、エジプトとの貿易が行われていたことが知られています。

クノッソスの最初の宮殿は、ミノア時代に建設されました。これは、四角い中庭を囲むように独立した構造物から成る宮殿でした。この時期のクノッソスは、黒い釉薬の地に多色の陶器を生産していました。紀元前1720年頃には大地震によってクノッソスのほとんどが破壊されましたが、その後宮殿は再建され、今度は広範な柱廊や階段が追加され、起伏に富んだ敷地に合わせて様々な建物が結びつけられました。現在発掘されている遺跡には、この時期の宮殿の遺構が残っています。

宮殿の管理部門と儀式の区域は中庭の西側にあり、このエリアには今もなおミノア王が座っていたとされる石膏製の椅子が残されている玉座の間があります。このエリアには、小麦、オイル、財宝を保管するための長く狭い地下室もありました。工房は中庭の北東側に、住居は南東側に位置していました。宮殿には複雑な排水システムや導水管、配管が備えられており、宮殿全体がクレタ島の他の町や港と舗装された道路で繋がれていました。

ミノア文明の壁画芸術は、この時期に最高潮に達し、ダンス、スポーツ、イルカなどの自然主義的なスタイルで描かれたシーンがあります。また、象形文字は線文字Aに置き換えられました。紀元前1580年頃から、ミノア文明の影響と文化はエーゲ海を越えてギリシャ本土に広がり、そこでさらに発展してミケーネ文明として知られる文化が生まれました。

クノッソスのミノタウロスは、古代ギリシャ神話に登場する半人半牛の怪物です。この伝説の生き物は、クレタ島のクノッソス宮殿の地下にある迷宮に住んでいたとされています。ミノタウロスの物語は、クレタ島のミノア文明と深く結びついており、その起源は実際の歴史と神話が混ざり合ったものです。

伝説によると、ミノタウロスはクレタ島の王ミノスの妻が白い牡牛との間に産んだ子供で、人間の体に牛の頭を持つとされています。王ミノスは、この怪物を隠すために、名工ダイダロスに命じて複雑な迷宮を作らせました。この迷宮は非常に巧妙に設計されており、一度入ると決して出られないようになっていたと言われています。ミノタウロスはその暗い通路の中で獲物を待ち構え、迷宮に入った者は誰一人生きて帰ることはありませんでした。

また、アテナイの王エゲウスは、過去の罪の贖いとして、毎年7人の若い男女をクノッソスに送り、ミノタウロスに生贄として捧げなければなりませんでした。しかし、ある年、王の息子テセウスが自ら志願してクノッソスに向かい、ミノタウロスを倒す計画を立てます。テセウスがクノッソスに到着すると、ミノス王の娘アリアドネが彼に恋をし、テセウスに剣と糸の玉を与えました。アリアドネはテセウスに、迷宮の入口に糸の片端を結び、ミノタウロスを倒した後は糸をたどって迅速に日の光のもとへ戻るようにと伝えました。テセウスはこの助けを借りてミノタウロスを倒し、無事に迷宮から脱出することができました。

ミノタウロスの物語は、ミノア文明の芸術作品にも多く見られ、牛やミノタウロスのイメージは非常に人気がありました。この伝説は、ミノア文明が平和を愛し、貿易を重視し、豊かで進んだ文明であったことを示しています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史