manapedia
更新日時:
クレタ文明(ミノア文明)とは わかりやすい世界史用語206
著作名: ピアソラ
175 views
クレタ文明とは

クレタ文明は紀元前2000年頃から紀元前1400年頃にかけて、エーゲ海の中心地であったクレタ島で栄えた青銅器時代の文明です。この文明は、ギリシャ神話に登場する王ミノスにちなんでミノア文明とも呼ばれます。ミノスは、実際の支配者の名前であるか、王位を示す称号であるかは定かではありませんが、クレタ文明(ミノア文明)の名前の由来となっています。

クレタ文明は、特に紀元前1600年頃とその後にピークを迎え、大規模な都市や宮殿、広範囲に及ぶ貿易、そして文字の使用などで知られています。その洗練された芸術には、精巧な印章、陶器(特に有名なカマレス様式の暗色背景に明るい色で装飾されたもの)、そして何よりも宮殿の壁に見られる繊細で活気に満ちたフレスコ画が含まれています。これらのフレスコ画は、庭園、猿、野生の山羊、または幻想的な衣装を着た女神など、世俗的および宗教的な場面を描いており、クレタ文明の宗教を表現しています。クレタ芸術の最も有名なモチーフには、女神の象徴である蛇や、宗教的または魔術的な基盤を持つと思われる牛の跳躍儀式などがあります。

その後、クレタ島の宮殿文化は本土からの征服者によって破壊されました。彼らはクレタ島に新たな秩序を確立し、クノッソスとファイストスを中心とした文化を築きました。征服後の島は、クレタと本土の技術が融合した時代を迎えました。

クレタ文明の中心地であったクノッソスは、特に重要な遺跡です。クノッソスは、クレタ島北岸から約8キロメートル内陸に位置する丘の上にあり、2つの小川が合流する場所に立地しています。この地は、伝説の王ミノスの首都であり、エーゲ海文明の中で最も初期のものであるミノア文明の主要な中心地でした。

クレタ文明の遺跡からは、舗装された道路や配管された水など、高度な都市計画の証拠が見つかっています。また、クレタ文明の人々は海洋を基盤とした生活を行っていました。

クレタ文明はその後滅亡しますが、その理由は諸説あります。

ミケーネ人(アカイア人)による侵略: クレタ文明の滅亡の一因として、ミケーネ人(アカイア人)による侵略が挙げられます。クレタ島全域で人為的な破壊の証拠が発見されており、この時期はミケーネ文化の影響が以前よりも強く見られる文化的シフトが起こった時期と一致しています。これらの破壊と新たな本土文化の影響は、クレタがミケーネ人に侵略され、支配されたことを示唆しています。
内部紛争: クレタ文明内部の政治的な紛争や社会的な不安が滅亡につながった可能性も指摘されています。この理論は、クレタ文明が平和を愛する貿易民族であったため、外部からの侵略よりも内部の不和が原因であるとするものです。
自然災害: テラ島の火山噴火による津波の影響以外にも、地震や疫病などの自然災害がクレタ文明の衰退に影響を与えたとする説もあります。これらの災害が連鎖的に文明の基盤を弱体化させた可能性が考えられています。

しかし、これらの滅亡の原因は完全に確立されたものではありません。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史