manapedia
更新日時:
万葉集『天地の分かれ し時ゆ神さびて高く貴き駿河なる~』 現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
100,772 views

単語


天地の分かれし時ゆ「この世の始まりが、天と地が分かれて始まった」とされる神話を受けた表現
神さぶ神らしい・神々しい
行きはばかり「い」は動詞の意味を強める役割
時じく時節に関係なく
時じくそ雪は降りける「そ~ける」で係り結びの法則


品詞分解

※名詞は省略しています。



天地
格助詞
分かれラ行下二段活用・連用形
過去の助動詞・連体形
格助詞
神さびバ行上二段活用
接続助詞
高く形容詞・ク活用・連用形
貴き形容詞・ク活用・連体形
駿河
なる存在の助動詞・連体形
不尽
格助詞
高嶺
格助詞
天の原
振りさけ見れマ行上一段活用
接続助詞
渡るラ行四段活用・連体形
格助詞
格助詞
隠らラ行四段活用
継続の助動詞・連用形
照るラ行四段活用・連体形
格助詞
係助詞
見えヤ行下二段活用・未然形
打消の助動詞・連用形
白雲
係助詞
い行きはばかりラ行四段活用・連用形
時じく形容詞・シク活用・連用形
係助詞
係助詞
降りラ行四段活用・連用形
ける詠嘆の助動詞・連体形
語り継ぎガ行四段活用・連用形
言ひ継ぎ行かカ行四段活用・連用形
意志の助動詞・終止形
不尽
格助詞
高嶺
係助詞



1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。