manapedia
更新日時:
高解像度で見る世界の美術 モナ・リザ
著作名: エンリケ航海王子
0 views
モナ・リザとは

モナ・リザは、パリのルーヴル美術館に収蔵されている、世界で最も有名な絵画といえる作品です。

レオナルド・ダ・ヴィンチが描き、その後フランソワ1世のコレクションとなっていました。

シンプルで安定感のある三角構図で描かれており、レオナルドによって空気遠近法の用いられたこの絵画は、非常に神秘的な雰囲気を醸し出しています。

モナ・リザは、その後さまざまな芸術家に影響を与え、特にダダイストやシュールレアリストの作品としてその著名性が使われました。

有名なのが、20世紀の芸術家マルセル・デュシャンが発表した『L.H.O.O.Q.』で、モナ・リザの安価な絵葉書に、自ら鉛筆で口ひげやあごひげを書き足し、レディメイドの作品として成立するようになりました。

ALT


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史