manapedia
更新日時:
古文単語「こぼる/零る/溢る」の意味・解説【ラ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
1,539 views
こぼる/零る/溢る

ALT

「こぼる」には、
毀る
②零る/溢る
などの用法があるが、ここでは「②零る/溢る」を扱う。
ラ行下二段活用

未然形こぼれ
連用形こぼれ
終止形こぼる
連体形こぼるる
已然形こぼるれ
命令形こぼれよ


意味1:自動詞

あふれ出る、こぼれる、はみ出る

[出典]九月ばかり 枕草子
「九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の、今朝はやみて、朝日いとけざやかにさし出でたるに、前栽の露は、こぼるばかり濡れかかりたるも、いとをかし。」

[訳]:九月ごろ、一晩中明け方まで降り続いた雨が、今朝はやんで、朝日がとても際立って差し始めたときに、庭に植えた草木の露が、こぼれ(落ち)るほど濡れかかっているのも、とても趣があります。


意味2:自動詞

散り落ちる

[出典]:後撰和歌集
「梅の花折ればこぼれぬわが袖ににほひ香うつせ家づとにせむ」

[訳]:梅の花よ、折ると(花びらが)散り落ちてしまうので(私の)袖に匂いだけうつしてほしい。(それを)家への土産にしよう。


意味3:自動詞

外に現れる

[出典]:紅葉賀 源氏物語
「愛敬こぼるるやうにて...」

[訳]:(紫の上は)魅力が外に現れるようで...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。