新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

論語 学而第一『子曰。學而時習之。(学びて時に之を習ふ)~』の書き下し文と現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。

このテキストでは、孔子の教えをまとめた書論語の中の一説、『子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。』の書き下し文と現代語訳についてみていきます。学而第一の最初に記されているものです。

「学びて時に之を習ふ」から始まるこの文章は、論語の中でも特に有名な一説です。

漢文(白文)

子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。

書き下し文

子曰く、学びて時に之を習う。亦説(よろこ)ばしからずや。朋有り、遠方より来る。亦楽しからずや。人知らずして慍(いきど)おらず、亦君子ならずや。

現代語訳

先生(孔子)がおっしゃいました。「学んだことを繰り返し考えて実践していると、物の道理がわかり自分の身についてくる。これはなんと喜ばしいことだろうか。友人が遠いところからわざわざ会いにきてくれる。これはなんと嬉しいことだろうか。他人が自分のことを知らないからといって、憤ることもない。これはなんと徳の高い人物なことだろうか。」と。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新編国語総合』 東京書籍
『教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍
『教科書 精選国語総合』 東京書籍
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 13,514 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。