新規登録 ログイン
検索条件
タグ 論語

1

2

3

4

10_80
Text_level_1
論語 学而第一の第1-2の現代訳です。 【原文】 1:子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。 2:有子曰。其爲人也孝弟。而好犯上者。鮮矣。不好犯上。而好作... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに みなさんは、『論語』という書物を知っていますか? 現在でも名著の1つとして様々な人々に読まれている書物です。この論語の元になった孔子は、春秋時代に活躍した思想家でした。このテキストでは... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに 中国で誕生しアジア社会に大きな影響を及ぼした儒学という学問があります。この学問はどのように成立し、発展していったのか、その過程を説明したいと思います。 儒学の成立 儒学の創始者は、孔子... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第1章「学而第一」の中の「学びて時に之を習ふ」の解説をしています。論語の中でもとても有名な一説です。 白文 ... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第2章「為政第二」の第15、「学びて思わざれば則ち罔し」の解説をしています。 白文(原文) 子曰、学而不思則... (全て読む)
1_80
Text_level_1
論語の「学びてときに之を習う」から始まる節の書き下し文と現代訳です。 【原文】 子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。 【書き下し文】 子曰く、学びて時に... (全て読む)
10_80
Text_level_1
子曰、吾十有五而志乎学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩。 このテキストでは、孔子の教えをまとめた書論語の中の一説、『子曰、吾十有五而志乎学、三十而立、四十而... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第2章「為政第二」の第4、「吾十有五にして学に志す」の解説をしています。 白文(原文) 子曰、吾十有五而志于... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第2章「為政第二」の第11、「故きを温ねて」の解説をしています。 四文字熟語に温故知新という言葉があります。... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第1章「学而第一」の第3、「巧言令色、鮮なし仁」の解説をしています。ことわざの巧言令色のもとになったものです... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!