新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「むげなり/無下なり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
むげなり/無下なり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形むげなら
連用形むげなりむげに
終止形むげなり
連体形むげなる
已然形むげなれ
命令形むげなれ


※「むげなり」の語幹「むげ」に格助詞「の」がついた「むげの」の形で用いられることも多い。

意味1

まったくひどい、最低だ、最悪だ

[出典]丹波に出雲といふ所あり 徒然草
「いかに殿原、殊勝の事は御覧じ咎めずや。無下なり。」

[訳]:ちょっとみなさん、(狛犬らの置かれ方の)おごそかなことには御覧になって不思議にお思いにならないのですか。まったくひどい


意味2

身分が低い、無教養である、無知である

[出典]:宇治拾遺物語
「これをむげの者は、手をすりて拝む。」

[訳]:(入水しようとしている僧を見て)、これを無教養な者は、手をこすり合わせて拝む。


意味3

(程度が)
極端である、はなはだしい、ずっと、いちばん

[出典]:若菜上 源氏物語
「大后の、坊の初めの女御にて、いきまきたまひしかど、むげの末に参りたまへりし入道の宮に、しばしは圧されたまひにきかし。」

[訳]:大后(弘徽殿)が、東宮の最初の女御として、権力をふるっていらっしゃいましたが、いちばん最後に入内なさっていた入道の宮(藤壺)に、しばらくは圧倒されておしまいになったのです。


意味4

それ以外の何ものでもない、まったくそうである、まぎれもない

[出典]:胡蝶 源氏物語
「ことのこころ知る人は少なうて、疎きも親しきも、むげの親ざまに思ひきこえたるを...」

[訳]:(源氏の玉鬘への思いという)内情を知る者は少なくて、親しくない人も親しい人も、まぎれもない親にように思い申し上げているのを...


意味5

哀れである、不運だ

備考

※連用形「むげに」で用いられることが多いが、ここでは「むげなりの連用形」ではなく、副詞「むげに」として扱う。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,175 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。