新規登録 ログイン

11_80 文法 / 動詞と文型

英語の5つの文型~第5文型~

著者名: 茶ップリン
Text_level_1
マイリストに追加
英語の第5文型

このテキストでは、英語の第5文型の説明していきます。S・V・O・Cって何?、第1文型、第2文型、第3文型、第4文型って?という方は、過去のテキストで説明していますので、そちらをチェックしてみてくださいね!このテキストの下にある「つながりのあるテキスト」で確認できます。

それでは本題です。
第5文型の形はS+V+O+C
「SはOをCにVします」と訳します。

※Sは主語、Vは動詞、Oは目的語、Cは補語

1:My friends call me Mari.
   S     V O  C
友達は私のことをマリと呼びます。


2:You always make me happy.
   S      V  O  C
あなたは私をいつも幸せにしてくれる。


3:I found the book very difficult.
  S V   O    C
読んでみたらその本はとても難しいことがわかりました。

第5文型では、make(~にする)、find(わかる)、name(名づける)、call(呼ぶ)といった動詞が多く使われます。
第5文型の特徴

第2文型では、「"S"="C"」であると学習しましたね。第5文型では、「"O"="C"」であることが特徴です。例文1では「me(私)=Mari(マリ)」、例文2では「me(私)=happy(幸せ)」と、そして例文3でも「book(本)=difficult(難しい)」が成り立っていることがわかるはずです。
第4文型と第5文型のみわけ方

てこずるのが、第4文型と第5文型のみわけ方です。要するに「SVOO」なのか、それとも「SVOC」なのかがわかりにくいということなのですが、第5文型の特徴さえ把握しておけば恐れることはありません。

先ほど説明したように、動詞のあとの単語が「"O"="C"」であるか、これに限ります。

A:She made me a birthday cake.
B:She always makes me happy.

この2つの文は同じmakeを使った文ですが、Aの文は第4文型でBの文は第5文型です。
なぜなら、例文Aでは「me(私)≠a birthday cake(誕生日ケーキ)」なので、第5文型の特徴である「"O"="C"」を満たしていません。一方で例文Bでは「me(私)=happy(幸せ)」なので、「"O"="C"」を満たしています。
"O"="C"」が成り立つかどうかを見極めることが肝です。

Tunagari_title
・英語の5つの文型~第5文型~

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『600 BASIC ENGLISH SENTENCES』 鹿児島県高等学校教育研究会英語部会編
『総合英語MAINTOP』 生田省三著 山口書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 10,085 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!