manapedia
『世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし』 意味と文法・品詞分解
著作名: 走るメロス
190,360 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」という歌について説明していきます。

原文

世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

現代語訳

この世の中に、桜というものがなかったら、春をのどかな気持ちで過ごせるだろうに

解説・鑑賞のしかた

この歌は、在原業平によって詠まれたものです。
春の季節には、桜があるために人々の心が穏やかでないことを述べて、人の心を騒ぎ立てる力のある桜の素晴らしさを伝えようとしている作品です。

単語


たえて「全く」の意。否定語をともなう副詞
せば~まし「~だろうに」の意
のどけし「落ち着いている」の意


品詞分解

※名詞は省略してあります。

世の中
(格助詞)
たえて(副詞)

(格助詞)
なかり(形容詞・ク活用・連用形)
(過去の助動詞・未然形)
(接続助詞)

(格助詞)

(係助詞)
のどけから(形容詞・ク活用・未然形)
まし(反実仮想の助動詞・終止形)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。