manapedia
イオンになりやすい金属(イオン化傾向)と電池の極
著作名: かたくり工務店
35,176 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

イオンになりやすい金属

金属は陽イオンになりやすいという性質を持っていますが、金属によってイオンへのなりやすさが異なります。

Na(ナトリウム)>Mg(マグネシウム)>Al(アルミニウム)>Zn(亜鉛)>Fe(鉄)>Ni(ニッケル)>Sn(スズ)>Pb(鉛)>H(水素)>Cu(銅)>Hg(水銀)>Ag(銀)>Au(金)

金属の中では、ナトリウムが一番陽イオンになりやすく、金が一番陽イオンになりにくい性質を持っています。このイオンへのなりやすさを示したものを、金属のイオン化傾向といいます。

イオンになりやすいということは、電子を失いやすいということとイコールです。イオンになりやすいほうが、電池を作るときに-極になりやすいとも覚えておきましょう。(電池については後の単元で学習していきますので、ここではとりあえず言葉だけ頭にいれておきましょう)

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科