manapedia
『思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを』の現代語訳と解説
>
189,872views
『世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし』 意味と文法・品詞分解
>
248,818views
高校古文『唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ』わかりやすい現代語訳と品詞分解
>
22,296views
古今和歌集 『秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる』 現代語訳と解説
>
131,596views
『秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる』現代語訳と解説
>
140,420views
『人はいさ心も知らず ふるさとは花ぞ昔の香ににほひける』現代語訳と解説・品詞分解
>
81,767views
紀貫之『袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ』 現代語訳と品詞分解
>
83,993views
伊勢物語/古今和歌集『五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする』現代語訳と解説・品詞分解
>
90,412views
『ひさかたのひかりのどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ』現代語訳と解説
>
106,135views
『むすぶ手のしずくににごる山の井の あかでも人に別れぬるかな』現代語訳と解説
>
47,814views