新規登録 ログイン

1_80 現代文:ことば / 現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ

「慮る」あなたは読める?正しい読み方と意味を解説

著者名: 春樹
Text_level_3
マイリストに追加
「慮る」の正しい読み方

言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「慮る」です。このテキストでは「慮る」の正しい読み方と意味について解説していきます。



「慮る」の読み方

「慮る」は「おもんぱか(る)」と読みます。

※「おもんばか(る)」と読むこともありますが、正しくは「おもんぱか(る)」です。

「慮」

「慮」は中学校レベルの漢字です。音読みで「リョ、ロ、ロク、ル」、訓読みで「おもんぱか(る)」などと読みます。「ロ、ロク、ル、おもんぱか(る)」は常用漢字外の読み方です。

「慮る」の意味

周囲の状況などをよくよく考える。思いめぐらす。

引用:小学館『デジタル大辞泉』


「慮る」の使い方

「相手の境遇を慮る」

まとめ

「慮る」は「おもんぱか(る)」と読みます。

是非この機会に覚えてくださいね。
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
デジタル大辞泉 小学館

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,123 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。