新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

伊勢物語『花橘・花たちばな』(むかし、男ありけり。宮仕へいそがしく〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『花橘』

このテキストでは、伊勢物語の第60段『花橘』(むかし、男ありけり。宮仕へいそがしく、心もまめならざりけるほどの〜)の品詞分解を記しています。



※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。
品詞分解

※名詞は省略しています。


むかし、男ありけり。宮仕へいそがしく、心もまめならざりけるほどの家刀自、まめに思はむといふ人につきて、人の国へいにけり。

むかし、
ありラ行変格活用「あり」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
宮仕へ
いそがしく、シク活用の形容詞「いそがし」の連用形
係助詞
まめならナリ活用の形容動詞「まめなり」の未然形
ざり打消の助動詞「ず」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
ほど
格助詞
家刀自
まめにナリ活用の形容動詞「まめなり」の連用形
思はハ行四段活用「おもふ」の未然形
意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
いふハ行四段活用「いふ」の連体形
格助詞
つきカ行四段活用「つく」の連用形
て、接続助詞
格助詞
格助詞
いにナ行変格活用「いぬ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形



この男、宇佐の使にていきけるに、ある国の祇承の官人の妻にてなむあると聞きて、

代名詞
格助詞
男、
宇佐
格助詞
使
にて格助詞
いきカ行四段活用「いく」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
に、接続助詞
ある連体詞
格助詞
祇承
格助詞
官人
格助詞
にて格助詞または断定の助動詞「なり」の連用形「に」+接続助詞「て」
なむ係助詞(係り結び)
あるラ行変格活用「あり」の連体形(係り結び)
格助詞
聞きカ行四段活用「きく」の連用形
て、接続助詞



「女あるじにかはらけとらせよ。さらずは飲まじ」といひければ、かはらけとりていだしたりけるに、さかななりける橘をとりて、

「女あるじ
格助詞
かはらけ
とらラ行四段活用「とる」の未然形
せよ。使役の助動詞「す」の命令形
さらずは接続詞またはラ行変格活用「さる」の未然形「さら」+打消の助動詞「ず」の連用形+係助詞「は」
飲まマ行四段活用「のむ」の未然形
じ。」打消意志の助動詞じ」の終止形
格助詞
いひハ行四段活用「いふ」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
かはらけ
とりラ行四段活用「とる」の連用形
接続助詞
出だしサ行四段活用「いだす」の連用形
たり完了の助動詞「たり」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
に、接続助詞または格助詞
さかな
なり断定の助動詞「なり」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
格助詞
とりラ行四段活用「とる」の連用形
て、接続助詞



「さつき待つ花たちばなの香をかげばむかしの人の袖の香ぞする」といひけるにぞ思ひいでて、尼になりて山に入りてぞありける。

「五月
待つタ行四段活用「まつ」の連用形
花たちばな
格助詞
格助詞
かげガ行四段活用「かぐ」の已然形
接続助詞
むかし
格助詞
格助詞
格助詞
係助詞(係り結び)
する」サ行変格活用「す」の連体形(係り結び)
格助詞
いひハ行四段活用「いふ」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
接続助詞または格助詞
係助詞(係り結び)
思ひ出でダ行下二段活用「おもひいづ」の連用形(係り結びの流れ)
て、接続助詞
格助詞
なりラ行四段活用「なる」の連用形
接続助詞
格助詞
入りラ行四段活用「いる」の連用形」
接続助詞
係助詞(係り結び)
ありラ行変格活用「あり」の連用形
ける。過去の助動詞「けり」の連体形(係り結び)

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,876 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。