manapedia
更新日時:
源氏物語『橋姫・薫と宇治の姫君』(近くなるほどに〜)の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
36,228 views

現代語訳(口語訳)

(薫が向かっている八の宮の屋敷が)近くなるころ、何の琴かも聞き分けられない楽器の音色が、たいそうもの寂しく聞こえています。

「いつもこのように遊んでいらっしゃると聞くのだが、機会がなく、八の宮の御琴の音色が評判高くていらっしゃるのを、全く聴くことができずにいたことよ。よい機会だろう。」


と、思いながら(屋敷に)お入りになると、(楽器の音は)琵琶の音の響きでした。黄鐘調に調を整えて、普通の合奏なのですが、(宇治という)所のせいでしょうか、聞き慣れない気がして、(弦を)かき返す撥の音も、なんとなくすっきりとしていて趣があります。箏の琴が、しみじみと優美な音がして、途切れ途切れに聞こえます。

しばらく聞いていたいので、お隠れになっているのですが、お気配をはっきりと聞きつけて、宿直人らしき男で、どことなく無骨なのが出てきました。

(その男は)
「こうこうこのような理由で、(八の宮は寺に)籠もっておいでです。(御来訪を知らせる)お手紙をさし上げましょう。」


と申し上げます。

「なに、その必要はない。そのような日数を限ったお勤めの間を、お邪魔申し上げるようなことは、よろしくない。このように濡れに濡れて参上したのにもかかわらず、むなしく帰ることになる嘆きを、(さきほど演奏をしていた)姫君のところに申し上げて、お気の毒にとおっしゃっていただけるのならば、(私の)心も晴れるだろう。」


と(薫が)おっしゃると、(宿直人の)醜い顔がにこっとして、

「(女房に)申させましょう。」


といって立つのを(薫は)、

「ちょっと待て。」


といってお呼び寄せになり、

「ここ数年、人からのみ聞いて、聞きたいと思っている(姫君の)御琴の音であるが、うれしい機会であることよ、しばらくの間、少し隠れて聞くことができる物陰はあるか。(私がその場に)ふさわしくなく出すぎて(姫君たちの前に)参上し近寄っていく間に、みな琴の演奏をおやめになられては、本当に残念であろう。」


とおっしゃいます。(薫の)ご様子やご容貌が、そのように普通の身分(である宿直人)の心(考え)にも、たいそうすばらしく、もったいなく思えたので、

「(姫君たちは)人が聞いていないときは、朝夕にこうしてお遊びになられていますが、下人であっても、都の方から参って、立ち交じる人がありますときは、音をおたてになることはありません。だいたい、(八の宮は)こうして姫君たちがいらっしゃることをお隠しになり、一般の人にお知らせ申すまいと、お思いおっしゃっておいでです。」


と申し上げると、(薫は)ほほ笑んで、

「つまらないお隠し事である。そのようにお隠しになるというが、(世間の人は)皆、(姫君の容貌を)めったにないほど(の美しさ)と、聞きつけているらしいのに。」


とおっしゃって、

「やはり道案内をしろ。私は、好色めいた心などもたぬ人間だ。このように(隠れながら住んで)いらっしゃる(姫君たちの)ご様子が、不思議で、いかにも一般の人と同じようでいらっしゃるとは思われないのだ。」


と丁寧におっしゃるので、

「ああ恐れ多いことです。(薫をご案内すると)分別のないことをしたように、あとで(私が悪く)言われることもございましょう。」


と(宿直人は)言いながらも、向こう側(の部屋)の御庭で、竹の透垣で囲んであって、(他の部屋とは)みな仕切りが別になっている所を、教えて近く寄せ申し上げました。お供の人は西の廊下に呼び寄せて、この宿直人がもてなします。

品詞分解

品詞分解はこちら
「近くなるほどに〜」の品詞分解

単語・文法解説

すごげに形容動詞「すごげなり」の連用形。もの寂しい
え聞かぬ「え+打消」で「全く〜ない」
清げに形容動詞「清げなり」の連用形。すっきりとしている、立派である
しるく形容詞「しるし」の連用形。はっきりと
いたづらに形容動詞「いたづらなり」の連用形。無駄に、むなしい
ゆかしく形容詞「ゆかし」の連用形。見たい、聞きたい、知りたい
物陰
つきなく形容詞「つきなし」の連用形。ふさわしくない、不似合いである
なべて一般の、世間の
あぢきなき形容詞「あぢきなし」の連体形。つまらない
しるべ道案内
あなかしこああ恐れ多い




1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。