manapedia
更新日時:
源氏物語『桐壷・藤壺の入内(年月にそへて御息所の御ことを〜)』の品詞分解(文法・助動詞など)
著作名: 走るメロス
33,192 views

「亡せ(サ行下二段活用・連用形)
たまひ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形)
に(完了の助動詞・連用形)
し(過去の助動詞・連体形)
御息所
の(格助詞)
御容貌
に(格助詞)
似(ナ行上一段活用・連用形)
たまへ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・命令形)
る(存続の助動詞・連体形)

を(格助詞)、
三代
の(格助詞)
宮仕へ
に(格助詞)
伝はり(ラ行四段活用・連用形)
ぬる(完了の助動詞・連体形)
に(格助詞)、
え(副詞)
見(マ行上一段活用・連用形)
たてまつり(補助動詞・ラ行四段活用・連用形)
つけ(カ行下二段活用・未然形)
ぬ(打消の助動詞・連体形)
を(格助詞)、
后の宮
の(格助詞)
姫宮
こそ(係助詞)、
いと(副詞)
よう(形容詞・ク活用・連用形のウ音便)
おぼえ(ヤ行下二段活用・連用形)
て(接続助詞)
生ひ出で(ダ行下二段活用・未然形)
させ(尊敬の助動詞・連用形)
たまへ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・命令形)
り(存続の助動詞・連用形)
けれ(過去の助動詞・已然形))。

ありがたき(形容詞・ク活用・連体形)
御容貌人
に(断定の助動詞・連用形)
なむ(係助詞)。」

と(格助詞)
奏し(サ行変格活用・連用形)
ける(過去の助動詞・連体形)
に(接続助詞)、
まこと
に(断定の助動詞・連用形)
や(係助詞)
と(格助詞)、
御心
とまり(ラ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)、
ねむごろに(形容動詞・ナリ活用・連用形)
聞こえ(ヤ行下二段活用・未然形)
させ(尊敬の助動詞・連用形)
たまひ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形)
けり(過去の助動詞・終止形)。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。